スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VR撮影するには

VRコンテンツはまだまだ少ない!
そう感じられている方も多いと思います。
そんなあなたはVRコンテンツの自炊はいかがでしょうか
VRメディアが普及するにつれてVR向けの360度カメラなるものもじわじわと広まりつつあります。
自身の旅の記録から、モデルさんにお願いして撮影するもよし、
いまVRは自作できる時代になってきているんです


写真は先日、ぼんちがヨド○シカメラに行ってきたときのもの。
360度カメラコーナーが設けられる程度には普及しているので嬉しい限り。
fdasfdasfdsa.png

今回はそのうちのいくつかをご紹介します。
1 theta

360度カメラの先駆けとしてリコーさんが出したtheta
さまざまバージョンアップを重ねながらじわじわと普及してきています
カラーも数種類あり、なめらかな曲線と、手に収まるサイズ感、スマホとの連動など
「360度カメラって手軽に楽しめるよね!」という訴求性を持っている印象
(撮影時の鳥の鳴き声のようなシャッター音?もかわいいし)

大手のメーカーが出しているということもあり、
撮影した360度パノラマ画像をそのままタブレットで見れたり、
YOUTUBEにVR動画としてアップできたりと
撮影後のユーザビリティにもあふれる
『これぞ360度カメラの一般機』という内容

2 360fly



シングルレンズの360度カメラ
これはまだまだ出てきたてでどのように普及していくかは未知数ですが
大きさ的には野球の玉よりやや小さい、角ばった球体で単眼ということで
携帯に便利なアクションカメラとしての側面が強いのかな?

fsdafdasfdsgrsdagrae.png

価格帯は6万~3万後半。対応画素数によって4KとHDの2バージョンがある


この記事は今後随時書き足していきます~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぼんち

Author:ぼんち
どうも、ぼんちです。
ファンネルを主宰しております。
テキスト、音声編集を担当しています。
この頃はエロVR動画をしゅうしゅうしてます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。